トップページ > 製品案内 > コンプレッサ > テフロンダイアフラムコンプレッサ

製品案内



テフロンダイアフラムコンプレッサ

テフロンダイアフラムコンプレッサ
特徴
  • このダイアフラム式ガス圧縮機・真空ポンプは、直動型機械作動式で、二重ダイアフラム構造を採用しています。その構造から、液状流体には主にスラリーポンプとして、また様々な気体に対しては、ガス圧縮機として活躍しています。
  • これらのポンプ・圧縮機は発売以来、約40年になります。その間種々の改善、改良を加えて今日に至っております。
  • これらのポンプ・圧縮機は、往復作動式に属するダイアフラムポンプ及びダイアフラム式ガス圧縮機・真空ポンプです。従って作動原理はピストンポンプ、プランジャーポンプやレシプロ型圧縮機と同一です。
  • 無漏洩です。(ノンシール構造です。)
  • 回転式ポンプのように、グランドパッキンやメカニカルシールなどがありません。
  • レシプロ型圧縮機のように、ピストンリング、グランドパッキンやメカニカルシールなど摺動部がありません。
  • 二重ダイアフラム構造を採用しており、圧縮室と潤滑油室とが、空間を挟んで分離されているため、ガス中へのオイルや不純物の混入が全くありません。また、万一、ダイアフラム破損時においても、漏洩ガスを検知することが可能なため、ガスと潤滑油が触れることが皆無です。
  • 耐蝕材料の選択範囲が広いです。
    材質:S25C、SUS304、SUS316、SUS316L、その他高圧力領域にも使用可能です。
  • 最高吐出圧力9MPaGまでの実績があります。(ガスの種類、条件によります)
  • 堅牢で耐久性に優れ、経年変化がありません。
  • 主要交換部品は、ガス側ダイアフラム、油側ダイアフラム、弁アッセンブリー程度です。
  • 上記部品交換にて、100%ポンプ性能を維持できます。よって、長期的に見れば、メンテナンスが楽で、ランニングコストは安くなります。
用途
天然ガス基地サンプリング設備用
電力、ガス会社向け
ほとんどの国内、電力・ガス会社に、多数の納入実績を誇っております。
公害処理分野へ(ガスサンプリング用コンプレッサ)
大気分析用ガスコンプレッサとして
プラントメーカー経由で全国の地方自治体、民間工場に多くの実績があります。
CO、CO2等、排気ガスの濃度の高いところ(トンネル、高速道路等)で、大気の成分を分析するために、サンプリング用コンプレッサとして使用されます。
石油化学工業向けに
メタン、エタン、エチレン、プロパンガスなど
各種化学工業では、重合や合成等の反応行程が多くあります。その反応を促進させるために、ガスを昇圧したり、循環したりする用途に使用されます。
フロンガス及びPTFE精製に
各種フロン系ガス、ハロンガス、フッ素系ガス
特定フロンガスの回収用途に、ダイアフラム式ガス圧縮機は適しています。又、代替フロンの合成や、PTFE、ウレタン系樹脂の合成に、フロン系ガスを昇圧し、循環させる用途に使用されます。
実験装置、研究装置向け
アルゴンガス、ネオンガス、キセノンガス、クリプトンガス、ヘリウムガスなど
低温における実験や、各種実験に不活性ガスが必要です。その不活性ガスの移送用、充填用として用いられます。
半導体製造装置に
窒素ガス、酸素ガス、水素ガス、空気など
半導体製造工程では、大量の純度の高い各種ガスが使用されます。その移送には、ダイアフラム式圧縮機が適しています。
その他
炭酸ガス、一酸化炭素、塩素ガス、塩酸ガス、硫化水素ガス、硫酸ガス、アンモニアガスなど
最近では、燃料電池用のガスの移送、充填、又、地球温暖化ガスの回収等に使用されます。
ダイアフラム式ガス圧縮機の使用範囲
選定例
吸入圧力 0~0.2MPaGの範囲
吐出圧力 吸入圧力から圧縮比が3以内の範囲。最大0.8MPaG
吸入ガス温度 0~40℃
吐出ガス温度 ガス、圧縮比によって変わります
最大80℃までで使用可能
流量 予想性能曲線をご覧下さい
周囲温度 0~40℃
回転数 標準470min(必要流量によって決定)
口径 吸入、吐出共:R 3/8(または Rc 3/8)
モータ 標準 全閉外扇屋内200V 3Φ 6P (50/60)Hz 0.2kW
接ガス部材質 金属部:標準SUS304
弁部:標準SUS316
ガス側ダイアフラム:標準PTFE+NBRゴム
  • 吸入圧力(0、0.1、0.2MPaG)一定での、吐出圧力-流量予想性能曲線です。
  • 吸入ガス温度は30℃、回転数は470minです。
  • 予想であり性能を保証するものではありません。
流量予想性能曲線
ダイアフラム式ガス圧縮機の構造
ダイアフラム式ガス圧縮機の構造
  • (1)ガス側ダイアフラム
  • (2)油側ダイアフラム
  • (3)ピストン
  • (4)吐出弁
  • (5)吸入弁
  • (6)ダイアフラム押え
  • (7)ダイアフラム破損検知孔

(1)ガス側ダイアフラムが(6)ダイアフラム押えにより(3)ピストンに連結され、(3)ピストンの往復運動により、(1)ガス側ダイアフラムが往復運動をなし、それにより(5)吸入弁よりガスが吸入され(4)吐出弁よりガスが吐出されます。
二重ダイアフラム式とは(1)ガス側ダイアフラムと(2)油側ダイアフラムの間を分離した物です。

このページのトップへ