トップページ > 製品案内 > コンプレッサ > ベーンコンプレッサ

製品案内



ベーンコンプレッサ

特徴

ロータリー・ベーンコンプレッサは信頼性、耐久性、運転性、経済性に優れています。
ロータリー・ベーンコンプレッサは通常の炭化水素ガスに限らず、次のような汚染ガス、ミスト含有ガス、腐食性ガスなどの様々な過酷サービスにも対応できます。

  • VOC、Off-Gas、Flare回収ガス
  • 排水処理場の消化ガス
  • ポリマー性ガス
  • 合成ガス、コールドベットメタンガス
  • 湿気を含んだサワーガス(例:10% H2S)
  • ゴミ処理場やランドフィル場のバイオガス

構造

図のように一本のロータが、水冷ケーシングに対し偏芯軸をもって回転します。コンプレッサに取り込まれたガスは、両側のベーンに仕切られた空間に閉じこめられて、吐き出し口に近づくほど、偏芯軸により、その空間が狭くなりますので、閉じ込められたガスは圧縮されていきます。

構造

仕様範囲
低圧モデル
Volume:9-3681m3/h
Pressure:500KPa
高圧モデル
Volume:5-806m3/h
Pressure:1.0MPa
2ステージ・モデル
Volume:425-3400m3/h
Pressure:1.0MPa

このページのトップへ